新型コロナウイルス対策について

歯茎の出血・腫れ解決歯周病治療

当院の歯周病治療3つの取り組み

歯周病治療

KT歯科・矯正歯科は歯周病治療に力を注いでいます。大人が自分の歯を失う原因の第一位が歯周病です。歯ぐきからの出血、また腫れがある時は注意してください。(こどもは歯周病ではなく、歯肉炎になりやすい)虫歯と比べてとても怖い歯周病を事前に回避することが歯科治療では重要な点となっています。歯周病治療、予防についてのプログラムは次の点です。

①検査、基本治療によって「歯周病の状態を把握する」

検査と基本治療で「歯周病の状態を知る」検査や基本治療で歯周病を把握しますが、歯周病の自覚症状はあまりありません。そのため、不快感や痛みがある時はかなり進行していることがあります。当院では歯周病発見のため、まず歯周ポケットの深さを測定します。

この検査によって痛みや出血があれば、その箇所は歯周病の疑いがあります。
そしてその結果をもとにして、お口全体のトータル的な治療計画を立てます。歯周病治療では、歯石除去と腫れた歯ぐきの引き締めが主となります。

②スケーラーの使い分け

スケーラーを使い分ける歯石除去に必要なのが、スケーラーという器具です。この器具は「超音波式」と「手動式」に分類されます。

超音波式は広い範囲で歯石を除去できますが、取り残しも出やすくなります。また手動式は歯の全体を除去できますが、時間と手間もかかります。

当院では各スケーラーのメリットを活用して、効果的な治療を実施しています。

③歯周病の怖さを説明します

歯周病治療歯周病は自覚症状があまりありませんので、歯科医院で歯周病と言われてもあまり理解できない人も多いようです。

そのためなぜ発症したのか、その原因や理由を分かりやすく患者さんに説明し、納得した後に治療を行います。

歯周病は自覚症状がありませんので、他院で歯周病の診断を受けた方がセカンドオピニオンとして当院に訪れることもあります。
当院ではどのような場合でも、患者さんに納得のいくよう丁寧に説明します。歯周病は自分では気づきにくい病気です。そのため、丁寧に説明することで歯周病の怖さを理解してもらえれば幸いです。

歯周病は成人8割が罹患する病気

歯周病

日本人の80%もの方が歯周病の疑いがあるということですが、ご存じでしょうか?多くの人が知っている病気ですが、残念なことに予防意識があまりにないことも事実です。そのため歯ぐきからの出血、また歯ぐきの腫れで歯科医院を訪れたた時に発覚することも多いのです。

多くの方たちは悪化していることに気づくことができず、そのままの状態で放置しています。そして毎日しっかりと歯磨きをしているのに口臭がある方は、歯周病の疑いもあります。またたばこも歯周病になりやすいので気をつけてください。

歯周病と妊婦・全身疾患との関係

忍風と歯周病

歯周病はお口だけの問題ではなく、からだ全体の問題でもあります。最近その点が明らかになりました。歯周病菌の症状がひどくなり、歯ぐきの血管を介して全身に広がると、心筋梗塞や動脈硬化の危険性も高まります。また脳では脳卒中、妊娠している女性は早産、あるいは低体重児の出産が生じる場合もあります。このように歯がなくなるだけでなく、からだ全体に大きな影響を及ぼします。

歯周病の進行別治療法

歯周病の治療法

歯周病治療は、数回歯石を取ればそれで完了と思っている患者さんも少なくありません。しかし実際はそうではありません。当院では最初に出血の程度や歯周ポケットの深さ丁寧に測定して、各歯の歯周病の程度を検査します。それにより、歯石除去などの治療を行います。

歯のクリーニング(軽度の場合)

歯のクリーニング(進行が軽度の場合)歯周病があまり進行していない場合です。この場合、歯石をきれいにしっかりと除去するため、数回程度の通院が必要です。

治療につていては、口の内部を6エリアに分割しそれぞれ治療していきます。前回歯石除去した部分は、歯ぐきの引き締まりがあります。

そして歯ぐきで隠れた歯石が出ていますのでそれを除去します。その繰り返しで歯ぐきもさらに引き締まり深い箇所の歯石も分かるのです。このような治療によって歯石を完全に除去していきます。(※よく間違われますが、ホワイトニングとクリーニングは異なります。歯石や着色よごれを落とすのは歯のクリーニングになります)

ルートプレーニング(中度の進行の場合)

ルートプレーニング(進行が中度の場合)ルートプレーニングというのは、特殊な器具を使用して、歯周ポケットの奥にある歯石や汚れを除去する治療法です。

歯周病がこの段階まで進行すると、歯ぐきの出血や腫れも出てきます。

この場合歯科衛生士のルートプレーニングにより、出血や腫れを良くしていきます。

歯周外科(重度の進行の場合)

歯周外科重度の歯周病になると、隠れた部分に歯石も入り込みます。症状がひどくなると骨が溶けることもありますので、早急な治療が必要です。この段階になると、治療の際の痛みもありますので麻酔を使います。また症状によっては歯ぐきの一部を切除した後に歯石を除去して、再度縫合することもあります。
症状がひどいと治療期間も長くなりますので早期発見に心がけてください。

歯周病を予防するなら

歯科衛生士歯周病は初期の段階に患者さまご自身で気づかれることがありません。

そのため、歯周病を予防する・重症化させないために重要なことは「定期的な検診」です。お口の専門家である歯科医師・歯科衛生士のプロフェッショナルケアを定期的に受けることで、歯周病を未然に防ぎます。

ご自身で気づけない病気だからこそ、プロの目を通して「病」に気づけるようにしましょう。

日本歯周病認定医のもと、治療を行います

スケーラー佑健会グループには複数の歯周病学会認定医が在籍しております。

定期検診でも「ただお口の中を綺麗にすること」が目的のクリーニングではなく、「歯周病を予防する」ことが目的の定期検診を行います。

より専門的な治療・予防を受けることで、歯周病で困ることがない健康なお口を目指します。これまで定期検診を受けたことがない方、歯周検査を受けたことがない方もお気軽にご来院ください。

日本歯周病学会のページに移動する→

稲毛海岸で歯周病治療希望の方へ

稲毛で歯周病治療

KT歯科・矯正歯科では、このように軽度の歯周病治療から歯周外科、歯周再生治療まで歯周病にもこだわりを持って治療を行っています。歯周病治療や定期検診にかかる料金は、保険診療です。千葉県の稲毛海岸において歯周病治療をご検討されている方は、一度当院へご相談ください。