新型コロナウイルス対策について

入れ歯の種類にはどんなものがあるの?どのくらいの期間使えるの?

投稿日:2021年2月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

稲毛海岸駅から車で4分

稲毛海岸メディカルセンター2階KT歯科・矯正歯科です。

 

歯がなくなってしまったときの治療方法として入れ歯のお話をしましたが、

今日は入れ歯の種類や使用できる期間などについてお話しします。

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり

それぞれにいろいろな種類があります。

 

見た目が気になる部分入れ歯の”ばね”の改良

部分入れ歯では隣の歯にばねを

かけて入れ歯を使用します。

前の方の歯だとばねが見えてしまっていやだと感じる方も多いと思います。

 

しかし、見えにくいばね(PIPクラスプ(金属))や

白いばね

ばねを使わない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)もあります。

 

金属のPIPクラスプは壊れた時ばねだけ交換できたり

しっかりした強度が得られるというメリットがありますが

歯の形状や傾きなどによっては適応しにくい場合もあります。

ノンクラスプデンチャーは柔軟性の高い素材なので

痛みを感じにくいですが、修理がしにくかったり、

柔軟性が高いゆえにゆがみやすく

歯に負担をかけてしまいやすいといったデメリットもあります。

 

違和感が気になる入れ歯の”大きさ”や”かたつき”の改良

従来のプラスチックの入れ歯だと強度を保つために

ある程度厚みを持たせる必要があるため

入れ歯が大きくなってしまうので

違和感を感じる方もいらっしゃいます。

しかし金属で補強することによって

厚みを薄くすることができ違和感が軽減できます。

 

 

 

また、金属にすることによってプラスチックよりも

熱さ、冷たさを感じやすいため食べ物の味が感じやすいというメリットもあります。

しかし部分的な修理が難しいなどのデメリットもあります。

 

また、かたついてうまく噛めない、お話がしにくいということもよく聞かれます。

入れ歯の裏と残っている歯の根っこに磁石をつけて

入れ歯がしっかりくっつくようにするアタッチメントデンチャーや、

インプラントを数本入れてそれに磁石をつけ

入れ歯とくっつけるようにする

インプラントアタッチメントデンチャーもあります。

磁石の力で自然と固定されるため、着脱が容易で

かたつきが少ないため違和感が軽減されます。

 

入れ歯の寿命

一般的にプラスチックの入れ歯は3~5年

金属の入れ歯は5年~ 程度と言われています。

入れ歯自体が破損してしまう場合もありますが

歯がなくなった後の顎の骨は

経年的に痩せて行ってしまうため

入れ歯が合わなくなっていってしまいます。

合わなくなるたびに入れ歯を作り直すわけではなく

少しづつ調整して、修理して使っていきます。

入れ歯を長く使うためには

毎日のお手入れはもちろんですが

歯科医院で入れ歯やお口のチェックを

定期的に行うことも大切です。

 

しっかりと適した入れ歯を使いましょう

しっかりと口の中にあった入れ歯を使わないと

痛みが出たり、食べにくかったり、お話ししにくかったり

入れ歯を入れることをやめてしまう原因になってしまいます。

しかし入れ歯を入れることで噛めるようにすることはもちろんですが

転倒リスクが軽減できたり、

誤嚥のリスクにもつながる飲み込みもしっかりと行えるなど

メリットはたくさんあります。

使い始めはお口の中に違和感を感じてしまうことは多少ありますが、

しっかりとメンテナンスして

”いつも使いやすい入れ歯”をしっかりと使うようにしましょう。

 

当院では歯科技工士立会いの下患者様一人一人にあった入れ歯

おつくりしています。

お気軽にご相談ください。