新型コロナウイルス対策について

歯がグラグラして痛いときの対処法について解説

投稿日:2022年9月27日

カテゴリ:スタッフブログ

歯がグラついて痛いときの正しい対処法を、注意点を含めご紹介しています。歯科医院では状態に合わせて適切な処置をおこないます。食事やお手入れの際のストレス軽減につながるため、歯がグラついたときは早めに治療を受けるようにしましょう。

歯のグラつきによる痛みは歯科医院で対処しよう


急な事故やスポーツによる怪我、歯周病など、歯がグラつく原因はさまざまですが、対処法を間違えると悪化する恐れがあるため注意が必要です。
ときどき市販の接着剤を使用して歯を固定しようとする方がいますが、お口の中に入れても問題ないとは限りません。歯科医院で正しい治療を受ける方が安全で、そのうえ仕上がりも良くなるため、お悩みの方はぜひご来院ください。
歯のグラつきをおさえるための歯科医院での治療は、主に以下の2つです。

1.専用の接着剤または被せ物を使って固定する

接着剤を使用する場合

お口の中に入れても問題のない専用の接着剤を使用して、対象の歯とグラつきがみられない両側の歯をつなげるように固定します。
歯を削る必要がなく、処置時間も短いため気軽に受けられますが、ほかの方法にくらべて外れやすいという欠点があります。頻繁に外れる場合は別の方法をご検討ください。

被せ物を使う場合

グラつきがみられる歯が奥歯の場合は、強い力がかかっても耐えられるように対象の歯と隣接する歯を被せ物を連結させて固定する場合があります。通常のブリッジは対処の歯を失った場合に行われますが、その歯があるパターンだとお考えください。
接着剤でつなげるよりも耐久性が増しますが、両側の歯も削るという欠点があります。

2.歯周病治療または抜歯

歯周病によって歯がグラついている場合は、歯周病治療をすることで改善がみられる場合があります。歯のグラつきは、歯を支える歯槽骨が減ったことでおこるため、歯周ポケット内の汚れを徹底的に除去したり、骨造成とよばれる骨を増やす外科手術が必要です。
重度の歯周病で歯槽骨を多く失っている場合は、残念ながら外科手術をしても改善が望めないことがあり、抜歯をせざるを得ないケースも少なくありません。歯周病で歯を失わないためにも早めの治療を心がけましょう。

歯のグラつきによる痛みが強くなる前にご来院を


歯のグラつきは、ほとんどの場合放置しても良くなることはありません。食事はもちろんお手入れの際にも痛みを感じるようになるため、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいます。
固定が必要ですが、市販の接着剤を使用しての処置は、安全性が低い可能性があるため、おすすめできません。歯科医院で正しい治療をし、その後はグラつかない状態を長く維持するためにメンテナンスも忘れずに受けるようにしましょう。