新型コロナウイルス対策について

矯正治療で使う顎間ゴム

投稿日:2020年10月17日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

稲毛海岸駅から車で4分、稲毛海岸メディカルセンター2階KT歯科・矯正歯科の歯科医師の名倉です。

矯正治療中に患者様に歯を動かす

お手伝いをお願いすることがあります。

それがゴムかけです。

小さいゴムを矯正装置のワイヤーやマウスピース、

歯につけた突起に引っ掛けて

歯を動かすための力を補います。

人によってはゴムをかけることによってお話がしづらくなる

など不便なこともあると聞きますが

このゴムかけをしないと歯の移動が思ったように進まず

時間がかかってしまうこともあります。

どうしても装着が難しいという方には

歯茎にスクリューを埋入して

そこから引っ張るという方法もあります。

麻酔をして歯茎にねじを埋入します。

矯正治療を計画通り効率良くすすめるためには

ゴムかけが重要です。

頑張って使うようにしてください。